看護師転職人気サイトはココ〜超効果的な転職方法の秘密

MENU

転職はストレスになる?!

 

転職はお仕事を変更するということですから、人生において大きなイベントとしては間違いないでしょう。

 

また職場を変えるということは、働く場所の配置や景色などの物理的環境をはじめ、人間関係などの人的環境にも注意を払わなくてはなりませんよね。

 

つまり、このようにあらゆる環境が加わるとてもストレスがかかるのは仕方がありません。

 

もちろん、看護師の転職としても病院がかわる、スタッフがかわるなどといった問題に直面しなければならず、ストレスがかかるのは目に見えています。

 

 

しかし、転職をすることでそのストレスが解消されるということも多々あることがあります。

 

たとえば、ある看護師は古い病院で働いていて、現代医療に追いついていない看護にストレスを日常的に感じていました。

 

そこで、転職を決め新しい医療機器や物品に触れることでご自分に合った職場環境が確保できたといいます。

 

ポジティブシンキングで、ストレスを吹き飛ばしましょう

転職でストレスがかかるということを受け入れ、その分、ポジティブな考え方をもっていたからこそ、楽しくお仕事ができたということですね。

 

またある看護師は、スタッフ間の人間関係がギクシャクしており、自分の発言が正しいのか、倫理的なジレンマを感じつつも誰にも相談できない環境にありました。

 

そして、転職を決断し、人間関係を重視した病院へ就職したところ、自分の同じように共感してくれるスタッフや上司に出会え、看護に対していっそう勉強したいという思いが強くなったと聞きます。

 

看護師の転職がストレスかどうかということに関しては、少なくともストレスであることが予測されますが、転職することで新たな希望が待っています。

 

その希望によって、ストレスが解消される場合もあれば、小さくなっていくこともあります。

 

まずはご自分の職場環境や生活環境を振り返ってみて、どのような職場で働きたいのかということを念頭にお考えになってみてはいかがでしょうか。

 

その部分を抽出することで、転職に対するストレスは変化していくでしょう。