看護師転職人気サイトはココ〜超効果的な転職方法の秘密

MENU

あなたは看護部長になりたいですか?

 

看護師は一般職と同じように、その場所に長く働いていれば出世できるというわけではありません。

 

看護師はチームで動いているところが多いと思いますが、その中でも一人一人の能力には個人差があります。

 

もちろん、働いている以上、組織から評価を受けているということですから、患者さんに熱心な態度で接しているかどうかということも評価の基準となるでしょう。

 

また病院などでは年度がかわるときに、今年度の目標に対して、どのようなことをすべきなのかという行動レベルまで考えたものが、達成できたのか、あるいはできなかったのかという自己評価かからも出世には影響していることでしょう。

 

さらに病院の研修制度によってどのレベルまで達しているかという評価も重視しなくてはなりません。

 

研修や講習会への参加や研究あるいは学会発表なども出世への評価基準となるでしょう。

 

転職すると、自分の看護師としての経歴にキズがつく?

そこで転職をした場合、このようなことがすべて消えてしまうのかということですが、そのようなことは一切ありません。

 

ご自分の成績は履歴として残り、かえってスカウトという形で転職をしてもらいたいとオファーがくることもあります。

 

ある看護師は大学病院勤務で働いていましたが、市中病院からぜひこの病院でと依頼がありました。

 

その看護師は市中病院へ転職後、早い段階で出世していったということもあります。

 

また病院だけでなく、看護師から看護教員に転職するということで、早期に学科長になられた方もいらっしゃいます。

 

 

つまり、看護師は転職をしたからといって出世ができないというわけではなく、転職をすることで出世しやすくなるということも十分考えられます。

 

しかしながら、すべてがこのようなパターンかといわれても、そうでない場合も多くあるでしょう。

 

ご自分が看護に対して熱心に考えているかどうかということが根底になりますので、その上で転職や出世に関してお考えになられることが大切です。

 

出世と転職の関係は、そのタイミングや施設によって異なるかもしれませんが、転職をして出世をしている方もいらっしゃいますので、転職を前向きに考えていきましょう。